よくある質問

よくある質問の一覧



家では声を出せないのですが、そのような場合にはどうすればよいですか?
最初は、フロ場であるとか、どこか声を出せる場所を見つけて行なうようにしてください。笑いの発声の響きを体で味わうことが大切だからです。しかしその感覚をいったん覚えてしまえば、イメージだけで行なっても同じぐらい効果的に行なえるようになります。


笑い気功はどんな人に向いていますか?
幸せになりたいと思っている方全員におすすめしたいのですが、その中でも特におすすめしたいのは、笑うのが苦手な人や内向的な人です。私自身そのようなタイプだったからですが、ひょんなことから笑い気功を思いつき、やっているうちに新しい自分を発見することが出来ました。一まわりも二まわりも大きくなれたように思います。


笑い気功はいつ生れたのですか?
母音の発声体操を行っているときに、自然に笑いの発声に変化していったのが切っ掛けでした(平成元年)。そして平成8年に、ビートたけしさんの『スーパージョッキー』というテレビ番組で5つの笑い気功を紹介する機会がありましたが、最近までは「こころ体操」(光文社)というオリジナルな体操の一部として行なっていました。


一番おすすめの笑い気功はどれですか?
そのときのコンディションによって、どれを行なうかは自分の感覚で選んでください。あえていうなら、どなたにもお勧めしたいのは、わっはっは気功です。「わっはっは」という笑いは万国共通の笑いであり、もっともパワフルな笑いだからです。心身のパワーを全開にする効果があり、健康の増進に最適です。


笑いヨガとはどう違うのですか?
笑い気功は、自然な笑いを誘いますが、一人で行なうことができる気功法としての型があります。笑いの型を深めていく楽しみがあり、じぶんの個性に合わせて、優雅に行なったり、ダイナミックに行なったりすることができます。


他の健康法と一緒に行なってもいいのでしょうか?
太極拳や他の気功法、健康法などと一緒に行なうことで、相乗効果が期待できます。ただし、その場合には、笑い気功の独自性を保って行なうようにしてください。


日本笑い学会とはどのような関係があるのですか?
日本笑い学会は、1994年に大阪で設立された「笑いとユーモア」に関する総合的研究を行なう学術団体であり、各専門分野を超えて交流を深め、笑いの総合的研究を目指しています。笑い気功の開発者である私も日本笑い学会の笑いの講師団の一員ですが、笑い気功のインストラクターの方で、笑いの幅広い知識を身につけたい方や実践の機会を探している方は、日本笑い学会に入会されることをお勧めします。


笑いの講師団に登録するには、どのような条件があるのですか?
日本笑い学会の会員であることと、何か笑いに関する特技があり、それを人と分かち合いたいという意思を持っていれば、誰でも申請することが出来す。


笑いのブームが続いていますが、今後の展望はありますか?
笑いはブームで終わらないで、ライフスタイルになっていって欲しいと思っています。日本には古来から、笑いの神事やお祭り、そして狂言や落語、漫才など、豊かな笑いの文化が息づいています。しかしその割りに、人間関係の中で笑いのコミュニケーションが足りないように思います(大阪などは別かもしれません)。もっと、日常の会話の中に笑いが溢れるようになるといいのですが、それには、笑い気功で積極的に笑う習慣をつけるのが近道だと思います。

© 2012 Jai Kanbara All Rights Reserved