―笑いの輪を広げていきましょう!―

 
 笑う体操のセミナーに参加された方や
クラスに新しく入られた方からの感想
をご紹介させていただいていますので、
参考にしてください。


体 験 談


  

★体験談を頂いた方

ラビアンローズさん 下野直子さん 松本道子さん 今野哲男さん
守屋和枝さん Mさん 山本ちづ子さん 清水とき江さん
岩田みささん 山内直美さん 渡辺さん YUKIさん
本田典子さん

★講演会・公開講座の感想

公開講座のピックアップ NPO福祉マンションをつくる会より


  
☆ ラビアンローズさん (サークル名) 八王子市

 私達は、八王子市で、月1回歌のサークルをやっています。2月で丁度一年経ちます。私達は、発声練習に笑い気功を取り入れています。発声ほぐし、全身笑顔体操をメインに、毎回20分位やっています。そして、始めたその日から、嬉しい変化が起こっています。
 肩が軽くなった。
 頭のフラフラが治った。
 五十肩が治った。
 笑いが自然な感じになった。
 声が出やすくなった。
 目がはっきりした。
 暖かくなった。  等々です。
 
 声を出すのも、全身を使って出す事に気付いた次第です。これからも、笑いも歌も楽しみながら続けて行こうと思っています。


  
☆ YUKIさん 主婦 (30代)6歳の息子といっしょに参加☆(厚木市)

2回ほど、ジェイさんの笑い気功には参加させていただきました。

気功って実は今まで、あんまり興味なかったのですが、
「笑い」というのが、このところの自分自身のテーマで、
ぴんときたので、なんとなく、という気持ちで参加してみました。

が、実際やってみると、笑い気功の奥深さにびっくり!!

ジェイさんのとってもなごやかなお人柄、そして安心できる
あったかな雰囲気の中で、無理なく楽しみながら、
自然と、からだがほぐれてゆくのがわかりました。

からだとこころって、ものすごく密接につながっているのですね!

2回目の参加のとき、実は私自身、日常で、緊張するような出来事が
続いていて、気持ちがなかなか切り替えられずに困っていました。

それが笑い気功を終えたら、からだがものすごくふんわり柔らかに感じ、
なにより、ものすごく気持ちが穏やかに、変化していたのです!
気持ちが大きく変化して、日常にも大きな変化がみられました。
この変化にはものすごく驚きました。
まさに、笑い気功に助けられた!!という感覚でした。

いっしょに参加した6歳の息子のほうにも、変化がみられました。

2回ともセミナーでは、はずかしがってちっともやらなかった、
息子ですが、帰ってから、「うっきうっき♪わっくわっく〜♪」と
面白がって何回も、笑い気功を繰り返すのです。
息子なりに、笑い気功のエッセンス、ちゃんと習得してたんですね!

また、こんなこともありました。

ある日、朝から息子と口げんかしてしまって、何となくお互い
気まずくなってた時に、「うっふっふっふ〜 うっきうっき〜〜♪」
と息子が自然にやりだしたのです!!私もいっしょになって
やってるうちに笑いがこみあげてきて・・・笑い気功のおかげで、
お互い、自然と楽しい気持ちにリフレッシュすることができたんです♪

大人にも子どもにも、楽しく簡単で、

まさに、人生が、日々が、笑顔あふれ、楽しくなる・・・♪♪


  
☆ 下野直子さん 主婦(50代)中野区

 良く眠れない、集中力が落ちる、不安感が募るなど、長い間知らず知らずのうちにたまっていた仕事のストレスによる体調不良。何とかしたいと思っていた時に出会ったのが「笑い気功」でした。
 はじめは何をするのかも分からず、「笑い」が健康に良いらしいという漠然とした思いからセミナーに通いはじめたのですが、無理に笑うのではなく、体をほぐし、気持ちと体をリラックスさせることからはじめ、次第に笑いの発声をしたり、仲間と組んでストレッチをしたりするうちに、どんどん気持ちが軽くなり、大きな声で笑うこともできるようになりました。
 ここで学んだことは、家でも職場でも簡単にできることばかりですので、これからは悩んでい方達に知っていただき、ぜひお役に立てていただければと思います。


  
☆ 松本道子さん 主婦(60代)品川区

 笑い気功という名前に惹かれて、興味本位でクラスに入会しましたが、想像していた以上に面白かったです。そして、どんどん面白さが増していっています。体を使って笑うというのが気に入っています。
最近、定年で退職した会社の同僚と飲み会がありました。その席で笑い気功のことが話題になり、何かやってくれとリクエストされたときのことですが、何をやったらいいのか分からなかったので、とりあえず、クラスで一番最初にやる“頭頂のほぐし”をやったところ、それだけでどっと笑いが起こって、みんながお腹を抱えて笑い始めたのでびっくりしました。簡単に出来るので病院や小学校でもやるといいと思います。
 七福大笑いでは、弁天様の「おっほっほ笑い」が好きです。これから徐々に、全部の笑い気功をマスターしていきたいと思っています。


  
☆ 今野哲男さん  笑い気功セミナーに参加して

以前、気功を学んでいたとき、
周稔豊八段錦、第二とうろ「五労七傷往后ショウ」で、
心から笑う、休みなしに笑うという動作があり、
うまく笑えずにとまどったことがありました。
笑い気功でもそうですが、心身が緩んでいないと笑えないし、
また、笑うことによって、心身が緩み気血の流れが良くなり、
ストレス減少にもつながります。

実際、就寝前、5分くらい笑ってから寝ると、睡眠の質が向上します。
笑いによって心身の緊張がとれて、その分、ぐっすり眠れたのでしょう。
また、朝は七福神の笑いをイメージしてから起床すると、
気持ちのスイッチの入りかたがいいみたいです。
笑いは、自律神経調整のマントラと思っています。
このマントラ「笑い」「笑顔」を、
もっと、生活に採り入れていけたらいいなと思います。

人生泣いて暮らすも一生なら、人生笑って暮らすも一生
それなら、「あっはっは」「おっほっほ」と笑って生きたいものです。
「笑う門には福がくる」笑売、笑倍、商倍といいますから。
笑い気功セミナー参加が、この第一歩になりました。
しかし、これは第一歩、第一章であり、第一笑です。
次の第二笑は、次回の楽しみにしたいと思います。


  
☆ 守屋和枝さん  「笑い気功インストラクター養成コース」を受講して

 この度めでたくも「笑い気功インストラクターコース」を終了した“エンジョワ”こと守屋和枝です。笑名まで頂いてしまい、これはエライことですヮ、、、(ほ、ほ、ほ)
それまで、私のピアノの先生で笑い気功協会の事務局長の上原さんから多少聞いていたものの「ジェイ神原さん、、だれ それ?」「笑い気功、、、何?」「私いつも笑っているけど必要?」こんな感じ。
 そんな「笑い気功」に関して無知な私、それでも3日間集中コースが始まりました。前日の私の夢は、、、大変でした、、、七福神が大宴会の中で弁天様が踊っている。「エッー」なんか めでたいのお、、、というすごい目覚めの朝でしたが、ほんとうに恵比寿様のようなジェイさんと一緒に講義を受ける方も弁天様のような美しい方で、そんな中でスタートしました。
 3日間笑いぱなしでしたが、内容は盛りだくさんでまだまだ覚え切れていません。これからもすこしずつ復習して身につけていこうとしている所ですが、気功、太極拳、合気道、東洋医学と博識なお話は笑い気功からそれても興味深く理にかなっていました。笑い気功が東洋医学に照らし合わせて理論づけられているしっかりしたものだったので、笑いながらもびっくりし感心しました。
 表面上は明るく笑っているつもりでいた私の心も体もいつのまにか芯からほぐれたようで、集中コースの合間に日本舞踊のお稽古に行き、めずらしく「すごく笑顔が出てきていい感じ その調子でね」とおほめの言葉を頂ました。それまでは真面目に稽古はするものの真面目すぎて思うかたちがなかなか出来ずにいたのでしたが、あらためて笑顔だと体がしなやかになるんだと思い知りました。ジェイさんのちょっとしたアドヴァイスで固まっていた右股関節等も無理なくゆるめることが出来た事も一因でしょうか?これからも楽しい事がいろいろとおこりそうなたのしみな笑い気功です。
 めでたけれー、、、(ワッハッハ)


  
☆ Mさん 主婦(50代)東京品川区

 メイプルセンターの広報を見て、笑い力という言葉に興味を持ちました。笑い気功は、体を動かしながら声を出すので、ストレスを発散するのに効果的だと思います。自分ひとりでやるのもいいですが、二人で行なう笑いほぐしも楽しくて好きです。
主人や子供のことでストレスを感じることがありますが、そのようなときには、トイレの中で笑い気功の前に行なう“クーカー気功”を行なうとすっきりします。いつも上手くいくという分けではないですが、何となく身につきかけているので、もう少し続けていこうと思っています。
それと、福笑い音頭の最後に行なう「いやさか いやさか めでたけれー」の体操をやると物事が上手くいくような気がして好きです。


  
☆ 山本ちづ子さん 主婦(50代)東京大田区

 体操は以前からしていましたが、笑うのは苦手だったので最初はやりにくかったです。でも体で笑っていると、気持ちが楽になりました。毎朝起きたときにやるようにしていますが、やると頭が目覚めるのが分かります。そのような効果が感じられるようになってから笑いの発声をするのもやりやすくなりました。知り合いから顔つきが明るくなったといわれましたが、家族とのストレスを解消するのに役立っていると思います。
 七福大笑いでは、布袋様のうっふっふ笑いが上半身がほぐれる感じで好きです。


  
☆ 清水とき江さん 主婦(50代)千葉県佐倉市

 昨秋、友人の勧めで笑い気功のクラスに入会しました。日常生活ではお腹を抱えて大笑いの機会は少なく、まして人前でそんな事は出来ませんでしたが、ここではとにかく体を使ってヴォイストレーニングとしてやっています。七つの笑い気功をおめでたい七福神にたとえてやるので、いっそう楽しくやれます。悲観的な人にはアッハッハ、怒りっぽい人にはエッヘッヘ、心配性の人にはイッヒッヒなど、色んな笑い方をしながらマイナスの思い癖を改善していきます。
 いま世の中は暗くストレスが蔓延していますが、せめて二週間に一度、恥も外聞も捨てて大笑いする事でストレスを解消しています。笑いは伝染していくので、家族に一人でも大笑いできる人がいれば運気も好転するはず!とくに感情を殺し溜め込んだ人にはお勧めです!まずは、形から入っていくのが一番だと思います。片道1時間30分かけて「大笑い」しに通っています。皆さんもぜひ体験してみてください。


  
☆ 岩田みささん 主婦(61才)東京港区

 もともと気功に興味があり、気功に笑いが組み合わされているというので惹かれました。年とともに顔の表情が乏しくなってきている気がしていましたが、笑いの発声を行うと表情筋がほぐれるのが分かります。そして、クラスでみなさんと一緒に笑っていると、免疫力が高まるだけでなく血液もサラサラになるような爽快感があります。みなさんとの出会いに感謝しています。とにかく楽しいのが一番です。
 わたしはヴォイストレーニングも行なっていますが、笑いの発声にはまた違ったよさがあります。とくに「わっはっは」の発声が一番力強くて、のどにもよいと感じています。七福大笑いは、お釈迦様が好きなので最初はピンとこなかったのですが、七福神の説明を聞いているうちにだんだん興味が出てきたところです。


  
☆ 山内直美さん

笑い気功って 何??
「笑い」 と 「気功」??
本当に訳も解らず、でも面白さそうだし  やってみよう
と 友人に勧められるままに始めてしまいました。
始めは「笑う」といっても発声練習のつもり。
またそれに型があって体操のよう。
でもこれがおもしろくもなんともないのに
なんと!体中を活性化させるのでしょうか
体中気持ちよくほぐれてだんだん元気になっていくのでした。
はじめの発声練習も少しずつ愉快になっていくのも 不思議。

「笑う」って誰だって笑うでしょ!?
日常生活の中で笑いが少ないとは思わないけれど・・・
本当によく考えられていて驚くばかりです。

笑い気功
まだ始めたばかりで・・・多分奥は深いのだろうけれど・・・

体操だけではない、発声だけでもない、心のうちの何か まで力を及ぼす・・・
ひょうっとしたら 体も心も ものすごい短時間で整えることが出来る
メソッド? なのかもしれない!
一人でもできるけれど、教室で先生と大勢で一緒にやるのはまた楽しい、
これを知って  本当にラッキーでした。


  
☆本田典子(ピアノ教師)
 身体の動きと発声を重ね合わせて行う笑い気功は、心の底にある何かマイナスなものを発散させ、自分や周りを良いものに整えることができる活動だと思います。何度も復習して、音楽の表現や心身のバランスを整えるために生かしていきたいと思っています。


  
☆ 渡辺さん (50代女性)

昨日寝る前に

いやさか〜
  いやさか〜
    いやさか〜
      めでたけれ

と言ってからやすんだの
朝目覚めてからも言ってた
そしてカーテンを開けたら月がみえました
お月様に見守られているんだと思ってみたりして…
これから上がってくる月もきっとニコニコしてる
すばらしい朝のお福分け


講演会・公開講座の感想

  

★ 講演会・公開講座の感想 (ピックアップ)

  • 楽しかったです。ありがとうございました。病気に負けない様、笑いの多い生活をしたいと思いました(50代女性)
     
  • CD、本等を購入して広めていきたいと思います。気功、合気道、太極拳をやっております。認知症の施設で介護と食事を作っています。今日、ありがとうございました。(50代男性)
     
  • 年を取りますと、仲間が居なくなりますので話す時もも笑う時も少ない。年を取るほどに大笑いが出来ることが最高(50代)
     
  • さっそく実行してみたい。とてもよかったです。ありがとうございました。体が軽くなりました。(60代女性)
     
  • 笑う事は良い事とは思っていましたが、笑いの種類によって色々あるのと勉強になりました。笑って人生を楽しみたいと思います。(60代)
     
  • 楽しい時間でした。笑顔の有難さを思い知りました。有難うございました。笑顔で暮らします。(80代女性)
     
  • 大変参考になりました。図解と云うか解説して頂ければ(私の場合、その時は解っても直ぐ忘れるので)有難いと思います。ありがとうございました。(80代男性)
     
  • 非常に明るい気分になれました。簡単で誰にでもできそうなところがよかったです。中学生の息子も興味があるので、どんなことやったのか教えてほしいと言ってました。(女性)
     
  • 楽しくなくても体を使って笑うと楽しくなることが分かった。(男性)
     
  • 体中で笑えた。体と心がやわらかくなった。(男性)


  

NPO法人福祉マンションをつくる会 横浜支部通信

2010年3月25日発行

セミナー「実践笑い力入門 健康は笑顔から」

講師:ジェイ神原さん(笑い気功協会代表)

 2月16日(火)、セミナー会場のかながわ県民センター4階会議室に集まった方は約30人。セミナーのお知らせが新聞などに取り上げられたこともあって、一般の方の参加が半数以上ありました。
 まず最初に講師のジェイ神原さんの誘導で、体ほぐし。全身の気の流れを良くするため「は〜」と声をだしながら喉、頭上、耳を手で刺激しました。
 次に、緊張も取れたところで「幸せ度チェック」をしました。幸せはそれぞれ個人の心の感じ方や思い方で決まり、環境や状況ではありません。幸せ度が高い人のポイントは、以下の3点です。
 @ 幸せの感受性が高く基準が低くて笑顔が多い。
 A 人にありがとうと素直な気持ちで言えている。
 B 自分が好きで、人も褒めることができる。
 眉間にしわがよった顔は血行が悪く、笑顔でいると血行がよく健康でいられます。そして仏教用語にもある和顔施(笑顔は施しであるの意味)のように、周りにも良い影響を与えます。
 ことばが体に与える影響を比べたのですが「ありがとう」はエネルギーがアップし、「すみません」はダウンします。半信半疑でしたが、実際に2つの言葉を言いながら腕の力の入り方を比べたら、一目瞭然。「すみません」では、力が入りませんでした。「すみません」は色々な場面でよく使われる言葉ですが、これからは別の肯定的な言葉に変えようと実感しました。
 いつも笑顔で「ありがとう」と感謝し、人をほめることができたなら、その人の幸せ度はどんどん高くなるようです。
 幸せ度チェックのあとは、脳を幸せモードに変えていく「幸せことば体操」や、七福神になぞらえた「七福神大笑い体操」を練習し、あっという間に時間が経ってしまいました。
 最後、皆さんに参加の動機を聞いたところ、日常の笑いが少ないからもっと笑えるようになりたい、健康に役立つのではと思った、脳が活性化すると聞いて、第一印象を良くしたい、明るい性格になりたい、笑う事で自分を解放したい、職場の雰囲気をもっと明るくしたい等の答えが返ってきました。
 朝から暗い事ばかりがニュースで取り上げられ気分も落ち込みますが、この事がきっかけで、笑える人が増え幸せ度がアップすれば、世の中明るくなるのではないでしょうか。


© 2012 Jai Kanbara All Rights Reserved