七福大笑い

 七福大笑いは、七福神さまからプレゼントしていただいた最高にお目出度い福笑いです(七福大笑い伝説)
 福ことば、福手、福笑いの3つの福のトリプル効果で、心の七つの悪癖をハッピーチェンジして円満な心を培っていくことを主な目的としていますが、健康長寿や運気をアップする効果もあります。

    七福大笑い(Youtube)  七福招き歌(Youtube)
    笑顔はお守り(歌)

【効果】
1、円満な心をつくる
七つの福ことばを身振りとともに唱えることで、心の七つの悪癖を改善することができます。
2、健康長寿
七つの福笑いによって、全身がストレッチされるとともに気の流れが整います。
3、運気アップ
七つの福ことばと七つの笑いの発声で強力なプラスの波動が発信されて、プラスの出来事が引き寄せられてきます(共鳴の法則)。
 《七福大笑い》
「1」  えびす笑い (寛容な心をつくる)
めでたけれ 心はまあるく わっはっは
 メッセージ
   笑えば四角が丸くなる(みんな違ってみんないい)

「2」  だいこく笑い (安定した心をつくる)
ゆうゆう楽々 リッチな気分で をっふぉっふぉ
 メッセージ
   笑いは心をリッチにする(幸せは自分の心が決めるもの)

「3」  びしゃもんてん笑い (前向きな心をつくる)
大丈夫 元気いっぱい いっひっひ
 メッセージ
   笑えばピンチもチャンスになる(人生はゲーム、楽しもう)

「4」  べんてん笑い (優雅な心をつくる)
最高 自信満々 おっほっほ
 メッセージ
   笑いは心を大きくなる(転んだら、笑いながら起き上がろう)

「5」  ふくろくじゅ笑い (明るい心をつくる)
あっぱれ 心を開いて あっはっは
 メッセージ
   笑えばいのちが輝きだす(笑えることが最幸の能力)

「6」  じゅろうじん笑い (謙虚な心をつくる)
ありがとう 感謝の心で えっへっへ
 メッセージ
   笑いに勝る良薬なし(知恵ある人は、笑って生きる)

「7」  ほてい笑い (楽しい心をつくる)
ついてる 希望に満ちて うっふっふ
 メッセージ
   笑いが愉快な明日をつくる(みんなが笑えば、地球も笑う)

 <七福大笑い伝説>
 あるとき、天界から人間界を眺められていた恵比寿さまが、ショックのあまり脇に抱えていた《めで鯛》をポトリと落とされました。
 そして、 “これは何としたことか? 子供たちに本当の笑顔が見当たらない”と嘆かれ、つづいて、“大人たちはさらに酷い有様だ。希望を失って生きている”と深くため息をつかれました。それから、人間の心の中をよくよく眺められたところ、人々の心に七つの悪癖がはびこっているのが見て取れました。
 “厄介なことになっているぞ” “ん〜む、どうしたものか”と恵比寿さまは、この由々しき事態を解決するために色々と思案を巡らせましたが、そのすえに、七福神さまたちの福徳の源である七つの福笑いを人間仕様に改良して伝授することを思いつかれました。そして、さっそく、他の福神さまたちに相談したところ、即座に福禄寿さまと寿老人さまがニコリと微笑まれ、布袋さまが大喜びをされ、大黒さまが深く頷かれて、すんなりと決まったということです。
 その決定とともに、人間界で七福大笑いを普及していく担い手となる団体の選定が始まったのですが、まず毘沙門天さまが候補の団体をリストアップされ、弁天さまが阿弥陀さまに相談に行かれたところ、“では”とお得意の阿弥陀くじによる抽選が行われたということです。その結果、笑い気功協会がその役を担うことになったということです。

(七福神さま談)
 七福大笑いは、わたしたちの福徳を享受するための最も簡単方法です。そして、楽しくくり返し行っているうちに、あなたもわたしたちの宝船に同乗していることに気づきます。つまり、あなた自身が福神へと変身していくのです。


© 2012 Jey Kanbara All Rights Reserved