特筆すべき4つの特長


 1、簡単、でも奥が深い
 7つの笑い気功の型は、それぞれの笑いの気分にマッチしているとともに、日常の中で無意識に行なっている動作を参考にしているため、簡単に身につけることができます。ただし、芸能の型と同じで、声の調子や姿勢、手の形を自分のものにするには少し時間がかかりますが、型が上達するにしたがって、より楽しく行なえるようになります。
 2、笑いが豊かになる
 笑い気功を続けていると、笑いの感受性が高まるとともに、普段の笑いもより豊かなものになっていきます。それが笑い気功を行なうときの隠し味となり、笑い気功の効果もいっそう高まっていきます。そのような善循環を楽しむことが出来ます。
 3、笑い力(楽天力)がつく
 全身で様々な笑いの発声を行なっているうちに、いつのまにか楽天的な態度が養われていきます。生きていくということは、さまざまなストレスに直面していくということですが、困難な状況のときでも、笑い気功で身につけた楽天力で前向きな態度で乗り切ることができるようになります。
 4、生涯学習のテーマになる
 笑い気功のカタチが身についた後は、カタチを通して自分の心境を表現していく楽しみがあります。動きのリズム、強弱、テンポを変えて、そのときどきの笑い気功を演舞することには、格別な楽しさがあります。

© 2012 Jai Kanbara All Rights Reserved